Hemp Aid Japan

2021/01/16 12:04

CBD/ヘンプは合法?


結論から言うと、合法です。もしもCBD/ヘンプが非合法なら、こうして日本のネットショップを作ることはできませんよね。


CBDはカンナビジオールの略で、大麻草に含まれるカンナビノイド成分のひとつです。


CBD/ヘンプ製品は大麻草を原料としていますが、違法ではありません。大麻取締法では取り締まり対象となる大麻草の部位や、成分を定めています。違法なのは大麻草の葉や花の部分で、HEMP AIDのCBD/ヘンプ製品の材料には種子や茎の部分だけを使用していますので、日本の法律の範囲内です。また、大麻草に含まれる、幻覚作用や多幸感をもたらす麻薬成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)も、日本では禁止されていますが、HEMP AIDのCBD/ヘンプ製品はTHCフリーで、日本での販売許可もあり、第三者機関の検査も受けています。なので、安心してご使用いただくことができます。


CBD/ヘンプの安全性


CBD/ヘンプ製品には、麻薬成分であるTHCのような幻覚作用や多幸感をもたらす効果はなく、欧米では、安全性の高い健康食品のひとつとして広く認識されています。


また、CBDには依存性もありません。海外の医療現場では、さまざまな症状の治療にCBDが用いられることがありますが、そのひとつにタバコなどへの依存症の治療があります。もしもCBDに依存性があったとしたら、依存症の治療に使われるはずはありませんよね。


CBDには鎮痛作用もありますが、従来の鎮痛剤の多くには依存性があるために、そうした従来使われていた鎮痛剤よりも依存性がなく安全な鎮痛剤としてもCBDが使用されるほど、欧米の医療の現場では安全と認識されています。


しかし、どんなに安全性の高いものでも、過剰摂取をすれば副作用があります。過剰摂取をすると、稀に強い眠気や下痢などの副作用を起こすことがあります。用法・容量を守って、正しく使用しましょう。


また、CBDにはリラックス効果があるために、軽い眠気を引き起こしてしまう可能性があります。運転前にはCBDの服用は控えましょう。


HEMP AIDのCBD/ヘンプ製品は、アメリカのコロラド州で、殺虫剤・重金属を含まない環境で栽培されたオーガニックヘンプを使用しています。FDA基準に沿った工場で生産管理されており、THCは含まれていません。第三者機関による安全検査も受けています。


安全性の高いCBDですが、HEMP AIDではさらに高い品質と安全性を保証していますので、安心してご使用いただけます。